琉球古武術城之手 琉煌會

江藤之手

【プロフィール】
琉煌會 師範

 

江藤 利彦 
宮崎県日南市出身

 

【武道歴】
芦原会館

 

【趣味】
空手

 

【特技】
空手になるよう頑張ります

 

【性格】
温厚

 

【座右の銘】
継続は力なり

 

【好きな言葉】
吾 事において後悔せず

 

【一言】
琉煌會は力を使わないので、体力に自信がなくてもできます!
一緒に真の武術を体験してみらんですか!

このページは琉煌會 ”江藤之手”を動画で紹介しています。
手(ティ)とは、空手が発祥する以前から、琉球王朝時代に伝えられてきた武術で、
素手や無手を基本とし武器術があり、空手の様な型や分解組手はなく、
その人個人が持つ心身感覚を呼び覚まし、磨きあげて、
流れるように踊っているかのように動きの中で、相手の攻撃などを
「捌き、攻撃し、投げ、極めて」
いく武術のことです。

 

同じ技でも一人ひとりの動きは当然違っていて、それが特徴でもあり個性になります。
それが”手”の魅力の一つでもあります。
そんな、琉煌會一人ひとりの個性と魅力ある動画をアップしています。
少しでもあなたの武道の参考になり、琉煌會に興味をもって頂ければ幸いです。

江藤之手

*一番上が最新動画になっています。

 



トップページ プロフィール 琉煌會とは セミナー開催日程 稽古風景 メルマガ登録 お問い合わせ